Cybersecurity: What is it?

In order to safeguard systems, networks, and data, cyber security engineering entails developing and overseeing hardware, software, and security rules. To comprehend cyberspace, cyber engineers combine computer science and electrical engineering. In addition to working on engineering hardware and software, they undertake cybersecurity jobs using skills they have learned in network defence, security policy, and digital forensics. Cyber engineers are pretaling engineer who build safe systems at the intersection of operational technology and information technology.

A Necessary Field

The prevention and/or resolution of cybersecurity problems is closely related to cyber engineering. According to experts, “Cyber engineering has been undeveloped or disregarded in addressing cybersecurity risks and vulnerabilities among Internet of Things networks and devices, including industrial control systems. The components of cybersecurity include software, data, and information; there may also be a hardware or device component, but this is less common. Cyber engineers use specific math and engineering concepts, probability, statistics, and cryptography. They do complicated device analysis and design, which frequently includes hardware, software, and human components.

What are you studying in cybersecurity and cyber engineering?

Students at who are enrolled in the Cyber Engineering Program benefit from hands-on instruction by designing and building control systems that perform similarly to those that are offered for sale or that may be used in the workplace. Cyber Engineering majors at HBU gain foundational knowledge and abilities in mathematics (such as calculus, linear algebra, and cryptography), physics, fundamental engineering, and computer programming over the first two years of the curriculum. Additionally, Cyber Engineering majors get the chance to put those talents into practise and showcase them through a series of projects.

Students majoring in cyber engineering study key ideas in computer networks, cybersecurity operations, and control systems. Majors in cyber engineering get crucial knowledge of computer networks, cybersecurity operations, and control systems during their junior and senior years. Advanced optional courses in digital forensics and cybercrime, wireless and mobile security, reverse engineering, cryptography, distributed and cloud computing, data analytics, and blockchain are available to students in the Cyber Engineering Program. Each student will complete a significant industry-driven project during their senior year, as well as at least one internship before they graduate.

Why should I learn cyber engineering?

To help every small, medium, and big organisation that must cope with cybersecurity concerns, the globe needs 2 million cybersecurity specialists. An engineer in cyber security develops and deploys secure network solutions to protect against hackers, cyberattacks, and other enduring threats. They also regularly test and monitor these systems to ensure that all of their protections are current and functioning properly.

サイバーセキュリティ: それは何ですか?

システム、ネットワーク、およびデータを保護するために、サイバー セキュリティ エンジニアリングには、ハードウェア、ソフトウェア、およびセキュリティ ルールの開発と監視が伴います。サイバー空間を理解するために、サイバー エンジニアはコンピューター サイエンスと電気工学を組み合わせます。ハードウェアとソフトウェアのエンジニアリングに加えて、ネットワーク防御、セキュリティ ポリシー、およびデジタル フォレンジックで学んだスキルを使用して、サイバーセキュリティの仕事を請け負っています。サイバーエンジニアは、運用技術と情報技術の交差点で安全なシステムを構築するプリテリングエンジニアです。

必要なフィールド

サイバーセキュリティの問題の防止および/または解決は、サイバーエンジニアリングと密接に関連しています。専門家によると、「サイバー エンジニアリングは、産業用制御システムを含むモノのインターネット ネットワークとデバイス間のサイバーセキュリティ リスクと脆弱性に対処する上で、未開発または無視されてきました。サイバーセキュリティのコンポーネントには、ソフトウェア、データ、および情報が含まれます。また、ハードウェアまたはデバイス コンポーネント, しかし、これはあまり一般的ではありません. サイバー エンジニアは、特定の数学と工学の概念、確率、統計、および暗号を使用します. 彼らは複雑なデバイス分析と設計を行います, 多くの場合、ハードウェア、ソフトウェア、および人間のコンポーネントが含まれます.

サイバーセキュリティとサイバーエンジニアリングで何を勉強していますか?

サイバー エンジニアリング プログラムに登録している の学生は、販売用に提供されているものや職場で使用される可能性のあるものと同様に機能する制御システムを設計および構築することにより、実践的な指導を受けることができます。のサイバー エンジニアリング専攻は、カリキュラムの最初の 2 年間で、数学 (微積分、線形代数、暗号など)、物理学、基礎工学、コンピューター プログラミングの基礎知識と能力を習得します。プリセールスエンジニア さらに、サイバー エンジニアリングの専攻者は、これらの才能を実践し、一連のプロジェクトを通じて紹介する機会を得ます。

サイバー エンジニアリングを専攻する学生は、コンピューター ネットワーク、サイバーセキュリティ運用、および制御システムの重要なアイデアを学びます。サイバー工学を専攻する学生は、3 年生から 4 年生の間に、コンピュータ ネットワーク、サイバー セキュリティの運用、および制御システムに関する重要な知識を習得します。サイバー エンジニアリング プログラムの学生は、デジタル フォレンジックとサイバー犯罪、ワイヤレスとモバイル セキュリティ、リバース エンジニアリング、暗号化、分散コンピューティングとクラウド コンピューティング、データ分析、ブロックチェーンの高度なオプション コースを利用できます。各学生は、4 年生の間に重要な業界主導のプロジェクトを完了し、卒業前に少なくとも 1 つのインターンシップを完了します。

なぜサイバー工学を学ぶ必要があるのですか?

サイバーセキュリティの問題に対処しなければならない小規模、中規模、大規模のすべての組織を支援するために、世界には 200 万人のサイバーセキュリティ スペシャリストが必要です。サイバー セキュリティのエンジニアは、ハッカー、サイバー攻撃、およびその他の永続的な脅威から保護するための安全なネットワーク ソリューションを開発および展開します。また、これらのシステムを定期的にテストおよび監視して、すべての保護機能が最新であり、適切に機能していることを確認します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WC Captcha 53 − = 50